« ソニック君に会えました♪ | トップページ | Turn Up The Radio!第二十六夜 »

2009年6月26日 (金曜日)

永遠のポップスター

皆さんこんばんは、ハルルです。

25日(日本時間26日)、全世界に衝撃的なニュースが報道されました。

「キング・オブ・ポップ」Mジャクソンさんが急死

恐らくここ日本でもマイケル・ジャクソンさんのお名前を知らない方を探すほうが難しいのではないでしょうか・・・。

20歳台後半~50歳台の方にはなお更だと思います。

1969年10月にマイケル・ジャクソンさんが実兄4人と組んでメジャーデビューしたジャクソン5。

そのデビューシングル『I want you back』は全米ヒットチャート1位に輝きます。
この時、マイケルさんは11歳の少年でした。

続いて発売された2枚目のシングル『ABC』も全米ヒットチャート1位を記録するのですが、この時入れ替わりでチャート1位の座を奪われたのがビートルズの『Let It Be』だったことからもそのデビューが当時衝撃的だったことがうかがえます。

1971年からはグループでの活動と平行してソロ活動も行い、ソウルシンガーとして、ポップスシンガーとして、その人気を不動のものにしていきます。

そして1982年8月、世界中を巻き込むムーブメントのきっかけとなった作品『Thriller』が発表されました。

『Thriller』のストーリー仕立てのプロモーションビデオは(以下PV:国土が広く、地域によっては貧困の差が激しい当時の米国ではレコード販売そのものよりも、ラジオとTVでのPVが音楽の重要なメディアだった)それまでのPVの概念を一変させ、音楽を聴くだけのものから見て聴いて楽しむものへ昇華させたパイオニアでした。

 

Michael Jackson - Thriller PVフルバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=hOj5H5W9zYo 

 

もしご覧になったことが無ければ上のリンクを是非クリックして下さい。

この『Thriller』は全世界で1億400万枚を売り上げ、現在も破られることの無い記録として残っています。

英国の有名女優、エリザベス・テイラーさんから「the true king of pop, rock and soul」と評されたマイケル・ジャクソンさん。

本物の天才はこの世を早くに去ってしまう・・・、以前耳にしたある方の言葉ですが、信じずにはいられない今回の訃報でした。。。

The king of pop マイケル・ジャクソンさんの音楽はこれからも生き続けます。

故人のご冥福を心よりお祈りすると共に、哀悼の意を表します。

 

最後に私の好きなマイケルさんの曲『Black or White』をご紹介します。

もう18年も前の歌なのですね、この曲は歌詞が好き。

文化や人種の違いによる価値観をテーマにしています。

歌詞とPV後半のマイケルさんのソロダンスパートに盛り込まれた様々なメッセージ、あなたならどう受け止めますか?

 

Michael Jackson - Black or White フルバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=5UO_F3I9gJE 

 

|

« ソニック君に会えました♪ | トップページ | Turn Up The Radio!第二十六夜 »

コメント

オレもこのニュースは驚きました。
確かにスリラーのPVは衝撃的なものでしたね。あのダンスはその後の世代でもさまざまなアーティストが参考にしていますね。。

さて、問題と言えば・・・英語が分かりませんorz

手前IT技師なんである程度「読むこと」ならできるですけどね・・・

投稿: アメミヤ | 2009年6月27日 (土曜日) 00時21分

ご冥福をお祈りいたします。

私はあまり音楽には興味がなく、マイケルジャクソンさんも業界では有名な方、、とでしか存じませんでした。

ですが今回、ハルさんの記事やネットなどの記事をみて、こんなに凄い方だったんだ、、、と実感させられました、、

マイケルジャクソンさんの音楽はこれからずっと歴史に残り、そして語り継がれていくんですね。

これを気に私も音楽をいくつか聴いてみようと思います。


P.S
マイケルさんってセガがとても好きだったんですね。
それもスペースチャンネル5(音楽ゲーム)に友情出演したこともあるとか・・・

ちなみにスペースチャンネル5は元メーカーさんとソニチが合併し、そしてPSUではハルのグーラルチャンネル5という形ででてますね^^

PSU(セガ(ソニチ)のゲーム)のブログでマイケルさんの記事、何かの縁に近いものがあるのかもしれませんね('-'*)

投稿: あせるす | 2009年6月27日 (土曜日) 01時09分

おれが16歳という最も多感な時期に発売されたこともあり、アルバム「デンジャラス」は心の1枚です。

『Black or White』の後半はマスコミ及び彼を攻撃する全人類に向けているのかな?
『Why You Wanna Trip On Me』も同じ意図なのかな?
なーんて勘ぐるより『Heal The World』に癒されよう。

キングオブポップ、アメリカのつきぬけた部分、まさにフォロワーがいない、誰もマネできない、ダンス・映像の歴史を変えた…etc
様々に形容されるマイケルジャクソンだけど、
おれにとってはひとつの歴史でした。
次に何を見せてくれるのか楽しみな、きらびやかな、時代そのものでした。
昨日、その歴史が終わってしまったことが哀しい。
彼でなければ彼を越えられなかったのだから。

最期まで彼は非常に純粋で、故にとても温かい人だったと思う。

投稿: 小麦 | 2009年6月27日 (土曜日) 05時39分

私も最初は全く信じられませんでしたが、今朝になって再度報道を見て涙を流したということは、心のどこかで死を認めてしまったんでしょうね
でも、やっぱり彼の死を未だに信じられません

投稿: Olga | 2009年6月27日 (土曜日) 09時20分

才あるものは天に愛されるがゆえに若くして御許に召される、とか言われますね

スリラーは私が洋楽を聴くようになったきっかけの1つです
あのビート感は今聴いても色あせていませんね

マイケルといえばセガのゲームが好きで本社を訪問したり、ゲーム筐体をプレゼントされて喜んだり、色々とエピソードがあります
セガからマイケルを主人公にしたゲームも出ています
「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」
意外なところで接点があるものですよね

投稿: 評議長@紅蓮姫 | 2009年6月27日 (土曜日) 18時57分

そういわれると早世した著名人・偉人を並べてみたくくなってきたじゃないか。

投稿: 緑茶王 | 2009年6月28日 (日曜日) 06時44分


追記
スペースチャンネル5について、マイケルさんとのやり取りを詳細に記したサイトを見つけました
http://www.tokioheidi.com/tomolog/archives/2009/06/post_476.php


そしてもう1つ
これもスペースチャンネル5で
マイケルさんとの思い出を語っているブログがありました

是非ご覧になってみてみてください^^

http://www.qentertainment.com/utsumi/2009/06/post_30.html
(1つめのリンク先のサイトからも行けます)

投稿: あせるす | 2009年6月29日 (月曜日) 00時29分

皆さんそれぞれにいろいろな想いのあるニュースだったのは間違いありませんよね。。。

SEGAのゲームとマイケル・ジャクソンさんのこと、知らなかったのでびっくりしました。

新たなショー開催を目前にしての他界・・・、本当に悲しく残念という以外ありません。。。

改めて故人のご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: ハルル | 2009年7月 1日 (水曜日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186755/30292254

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のポップスター:

« ソニック君に会えました♪ | トップページ | Turn Up The Radio!第二十六夜 »