« 和のテイスト | トップページ | 今年初めての・・・ »

2014年12月24日 (水曜日)

Wonderful tonight

今夜はクリスマスイヴ。
言わずもがな、25日クリスマスはイエス・キリストの降誕を祝う祭りのこと。

そして、24日の日没から午前0時までがクリスマスイヴ。

ここ日本でクリスマスは宗教祭事としてよりも、年末のイベントとして親しまれています。
そのことにため息を漏らす人もいるけれど、私は良いことと思ってます。

12月にはクリスマスと除夜の鐘。お正月には初詣。そして、2月には節分とヴァレンタインデー。
年末年始だけをみても宗教的に実に節操の無いこと・・・だけど、それぞれがもう恒例となっていて、大切な季節ごとの行事となっています。

何でも商売に結び付けて、と揶揄する向きもあるでしょう。
でもね、それで良いと思います。そんなことを言ってしまったら、いろいろなことに文句を言って周らなきゃいけない嫌な人になってしまいますよ?
それよりも、どんなことも楽しみのひとつとして取り入れることの出来る私たちの柔軟さや、自由なことを誇れば良いと思います。
そして、一年のうちに数回あるクリスマスやヴァレンタインデー、母の日と父の日、そういったイベントらは、普段はなかなか口にすることが出来ない「ありがとう」や「愛してる」そんな大切な言葉を伝えられる素敵な日でもあるのです。

そう考えたら、無節操でも良いじゃない?

 

 

お買い物を楽しみながらひとりショッピングモールを歩いていたら、面白そうな雑貨屋さんを見つけました。
先月までは違うテナントだったから入れ替わったのでしょうね。

そうだ!と思いついて、両親へのプレゼントを選ぶことにしました。ちゃんと他に用意はしてあったけど、追加で何か楽しいプレゼントがあったら良いなって思いついたの。

いろいろな商品が所狭しと並べられた店内は、クリスマスの装飾もあいまっておもちゃ箱をひっくり返したよう。
その中から選んだプレゼントは、お父さんには海外では人気の帽子を被った熊の可愛いキャラクターの湯たんぽ。イラスト付きのお料理レシピノートを作っているお母さんには100色がそろった色鉛筆のセットを選びました。

品物を持ってレジに並ぶ。レジは全部で5台あって、一列に並んでから番がきたら空いたレジへ向かうフォーク並びで順番を待ちます。
先ほどの無節操な宗教観のお話ではないけれど、こんな風にきちんと並んでレジを待つのもいかにも日本的。
そんなことを何気なく考えながらレジ係りの店員さんを眺めているとあることに気が付きました。

皆さんトナカイの扮装をしています。男性店員は着ぐるみだったり、女性店員は茶色のワンピースにトナカイの角を模したカチューシャを着けていたり・・・。
ぜーんぶトナカイさん!サンタさんコスチュームの店員さんはひとりもいません。

私の順番がきて、お会計を済まして商品を受け取るときに聞いてみました。

「どうして皆さんトナカイさんなの?サンタさんは?」

するとトナカイさんは言いました。

「今プレゼントを手にされているお客様ご自身がサンタさんなのです。私たちはサンタさんのお手伝いをするトナカイなんです。どうぞ、大切な方にそのプレゼントをお届けください。」

私は、何だか心が暖かくなって、ウキウキした足取りでBGMにヴァーン・モンローの“Let it Snow!”が流れる店を出て家路を急いだ。

 

Haruru_7127 

Merry Christmas

皆さんこんばんは、ハルルです♪

聖なる夜・・・皆さんのもとに素敵なことが訪れますように


|

« 和のテイスト | トップページ | 今年初めての・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和のテイスト | トップページ | 今年初めての・・・ »